研究プロジェクト

研究次世代疾患モデルマウスプロジェクト

「創薬シーズ開発の効率化に向けた次世代疾患モデルマウスの迅速作製技術開発」

病気の治療標的となる新しい分子の役割を研究したり、新しい医薬品を開発していく上で、その病気のモデルとなる様な実験動物が存在するか否かが、研究の成否を握っています。
マウスは、現在、自在に遺伝子を改変する事が出来る唯一の哺乳動物です。

特定の遺伝子を過剰発現させたマウス(トランスジェニックマウス)や、欠損させたマウス(ノックアウトマウス)は、人の病気のモデルとなりうることから、医学において重要な研究開発ツールとされています。

しかし従来、遺伝子改変マウスを樹立するには、多くの費用と時間がかかるという難点がありました。我々は医薬開発のための遺伝子改変マウスを、短期間、低コストで作製する独自の新技術=SCOT(Speed Conditional Gene Targeting)の研究開発をしています。

© 2013 - レボバイオ[REVOBIO]. All Rights Reserved. Website produce by DESIGN UNITS NETWORK